12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
PROFILE
SEARCH
<< 0908 | top | 見上げると >>
時はツラツラ
MAMARON「あぁっ、ちょっと見て見て!」

PAPARAZZI「うわっ、また出て来たん!」

MAMARON「RUKAのアピールやわぁ。」

PAPARAZZI「相変わらず存在を示しとるなぁ♪」

PAPARAZZI「これどうしよぉ。置いとく?どしよ。」




掃除中にコロンッと出てきたのはRUKAが食べた麻の実の殻。

そんな出来事が2年たった今になってもあるんです。。。。。








早いのか遅いのか、時がツラツラ流れてあれから2年。

いなくなった淋しさに少しは慣れたのか、

それともやっと現実として割り切れたのか、

微弱ながら、ほんの少しだけ心が強くなった気がするような、、、




RUKAが生前に幾度とお世話になった方の小鳥に関する

先日のブログ記事にはこんなことが綴られていました。

この方も飼われていた愛鳥と昨年に別れを忍んだ方です。


「ここ数年でAGYに関する情報も広く出そろい始めたと感じております。
 一般の書店で手に入る飼育書にも、以前では見つける事の出来なかった
 メガバクテリアの文字が簡素ながら見受けられますし、都市圏以外にも
 専門医や小鳥を診る事の出来る獣医さんも増えたような気がします。
 これは本当に素晴らしいことだと思います。
 私達も1年が経過し、日々の忙しさに追われながらも当時の事は鮮明に
 脳裏に焼きついています。
 必死に情報を集め、明日はどうかと。。。
 希望の光に小躍りし、また急転直下で打ちのめされる日々。
 旅立った後により感じる存在の重さ。日にち薬で軽減されたかというと
 残念ながらまだまだ時間が必要な感じです。」


ただただうなずくばかり。

RUKAも同じく患ってしまったこの病気は未解決の固まりで

この病気に関してのますますの発展があることを祈ります。




昼過ぎ、MAMARONづてにRINOから電話が入る。

RINO「PAPAぁ、お花買って来てなぁ♪」

一緒に過ごした数えきれない素敵な思い出が仕草がただただ甦って、、、

溢れて。。。

今日は愛するRUKAの2周忌。
PAPARAZZI | 『RUKA』インコの観察記 | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: